nicota-ニコタ-<2児のママ妊娠・出産・育児情報>

妊娠・出産・育児を2児のママが応援します!
子供との大切な日々を楽しく笑顔で過ごす為のおすすめ情報を集めたサイト。

妊娠・出産・育児の月齢別のおすすめ情報 妊娠初期のおすすめ情報 妊娠中期,安定期のおすすめ情報 妊娠後期のおすすめ情報 出産の使える情報 新生児(乳児期)のおすすめ情報 0〜3ヶ月(乳児期)のおすすめ情報 4〜6ヶ月(乳児期)のおすすめ情報 6〜12ヶ月(乳児期)のおすすめ情報 1歳児(幼児期)のおすすめ情報 2歳児(幼児期)のおすすめ情報

赤ちゃんの新生児黄疸


「黄疸が出てるね〜」と看護婦さんに言われて、初めて「黄疸」を知るママも多いのではないでしょうか。
黄疸は顔や白目が黄色くなる状態を言います。
自分の子しか見ていないと黄色いと言われてもいまいちよくわかりませんが。
看護婦さんの余裕な様子からも分かるように、新生児黄疸は日本人の赤ちゃんの90%以上に出るもので、 ほとんどが生理現象です。

ただ、生後入院中に黄疸が強くなりすぎると“核黄疸”という良くない症状に繋がる可能性がある為に、治療が行われます。
それが“光線療法”と言われるもので、黄疸の原因となるビリルビン(黄色い物質)を排泄させる為に光を当てる治療方法です。
生まれたばかりの赤ちゃんに“治療”と言われるととんでもない病気なのではないかとショックを受けるママもいると聞きますが、特別なことではありません。
上の子の時は入院6人中2人、下の子の時は4人中2人(我が子含む)が光線治療を受けていました。
この時、目には直接光が当たらないようにアイマスクをするので、見た目が可哀想にも見えて悲しくなるかもしれません。
でも、日焼サロンに入るようなものと思って、おおらかに見守りましょう。
光線治療を受けたからと言って、成長に影響があるわけではありません。
光線治療は多くて5回位行わることがあるそうです。


病気が原因で黄疸が出ている場合もあります。 入院されている産院で必ず黄疸検査してくれますから、お医者様の指示に従って治療を受けましょう。


<育児の疑問・悩みを調べるのに便利なサイト>

初めての子育ては心配や不安、分からないことがいっぱい。
口コミが多く、効率的に情報が集まるサイトをご紹介します(*^ー゚)

◆ベネッセウィメンズパーク:0歳児のママの口コミ

  ここの情報知らないと損すること&早く知っておけばってことがたくさん。
  病院探し、保育園探し…など小学校に入るまで重宝します。
    >>”ウィメンズパーク”私の活用方法

◆Gooベビー:トップページ

  実際のよくある悩み毎に、解説されていて、答えがすぐ見つかる。
  アンケート結果が豊富 

  


※上記、各詳細説明より明らかに酷い場合(嘔吐や手足のビクつきetc。)や、
発熱など他の症状がある時は、速やかに病院を受診してください。

 

 

 

---ご案内---
当サイトnicotaは2児のママが、妊娠から出産・育児まで
子供との大切な日々を笑顔で過ごす為の情報をまとめています(b*゚ー゚)
ハンドメイドとカメラを中心に育児の知恵など☆彡

季節ごとの情報も更新中ですので、良かったらまた見にきてください(*ノ´∀`)ノ

nicota-ニコタ-<2児のママが妊娠、出産、育児を楽しむおすすめ情報>

 


子育て中の楽しみ&ひまつぶし情報 グルメモニター募集、無料で試食できる CMサイトのモニター 2011年秋冬トレンドファッションチェック ママでもオシャレ